Second life,Second stage

今年の2月に離婚して、これからの生き方を考え綴るブログ。

蒼い時

山口百恵さんの「蒼い時」が読みたくなって図書館に行ってみた。

何しろ40年も前の本だからあるのか心配だったけどあった。

f:id:kenny_kenny_moon:20210921063437j:image

そんな年数を経たものなので紙もだいぶ傷んでいたのだけれど読むのに全く不都合はない。

自叙伝プラスエッセーという内容だけど当時としてもよくここまで書いたなあ、というのが感想。

出生のこと、性のこと(初体験を含む)、芸能人交歓図裁判のこと、彼(つまり三浦友和さん)との出会い...

トップスターとして常に華やかなスポットライトを浴びてきた人生は順風満帆ではなかったんだなあと感じた。この本を書いたのが21歳...、この本をプロデュースしたのが残間里江子さんだったそうだけど原稿はほぼ手を入れるところがないくらいのものだったとか。こうした著名人の本ってゴーストライターの存在もなくはないけれどそうした人物を介さず全て自分の言葉で綴りたかったのだろう。

いい作品だった。読書の秋だしこれからもいい作品に触れてみたい。